顔のたるみ・目の下のたるみ解消法

たるみは、加齢や紫外線、水分不足などが原因で皮膚が重力の方向に向かってたるんでしまう現象で、特に肌老化がはじまる30代以降から出来やすい老化現象です。

たるみの多くは、皮膚のコラーゲンが関与しており、このコラーゲンが減少して肌に弾力がなくなると、皮膚が支えられなくなって皮膚がたるみをおこします。

皮膚のたるみによって皮膚が余るとシワの原因にもなるため、しわを改善するためにはたるみを予防し、ハリのある肌を維持することが重要になります。

皮膚のタルミとコラーゲン減少の関係

皮膚は表面上から「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層から構成されており、皮膚のたるみは真皮のコラーゲンやエラスチンなどの弾力繊維の減少や変性が原因で起こります。

コラーゲンやエラスチンが減少すると、肌に弾力やハリが無くなって、重力に絶えられなくなります。これがたるみが起こる原因で、コラーゲンの合成能力が衰える時期に表れやすくなります。

また、コラーゲンやエラスチンなどの弾力繊維が減少または変性して肌にハリや弾力がなくなると、皮膚が肌を支える力が衰えて肌に溝が出来てしまいます。これがシワが出来る原因です。

また、コラーゲンなどの弾力繊維が減少して真皮を支える土台が衰えると、真皮を満たすヒアルロン酸やコンドロイチン硫酸などのムコ多糖も減少し、真皮全体がスポンジのようにスカスカな状態になります。その状態になると、皮膚が圧力に弱い状態になりしわが出来やすくなります。